心の強さ

自動思考の多様さ

結論から言ってしまえば「あいつは強い」「あいつには勝てない」「あいつは弱い」というのはその人の自動思考です。ただ、その人が思っているだけです。他の人は「あいつは無頓着なだけだ」と思っているかもしれません。

「そんなこと言ってしまったら元も子もない」ですが、試しにそのように考えて見て下さい。

強いとか、弱いとか、確かにそういう事実はあるかもしれません。
しかし、現実問題は「買った」「負けた」、という事実があって初めて「強かった」「弱かった」というその時の評価が生まれます。

まだ結果がない時点で「今」どうするか?を考えることができなければ、どうなるでしょうか?

解決と回避の違い

「どうにもできないからやめよ」「酒でも飲んで、タバコ吸うか」「スロットでもやるかな」「友達と遊び行こう」

これらは結局、直接的な問題解決ではなく、ただ「今」を回避しているだけです。
「次は大丈夫」「次までにはなんとかなるだろう」というのも回避です。

現在の状況を避けたり、根拠もなくむやみに未来を想像しているだけです。

この思考回路から抜け出さない限りは、規則的な生活が出来ません。
恐らく年齢通りに、もしくはそれ以上に加齢現象を起こしているはずです。

ただし、回避を完全否定するわけではありません。
人生をまっとうする上では、ストレスと付き合い続ける必要があるからです。



home

コメント