音読によって脳が活性化する。

音読すると頭が良くなる?

「声に出して」本を読む、音読によって脳の前頭前野の血流が増加すると、東北大学の川島先生が発見されました。
多数の書籍も出されていますし、任天堂DS「脳トレ」でも有名になりました!

この理論によると、考え事や、複雑な計算をしている時は脳は活性化していない、というのです。

それよりも簡単な計算問題を素早く解く、本をスピード上げて音読することによって脳は活性化されます。

考え事ばかりしているとダメ?

年齢が上がるにつれて、家の中でも立場も変わってきます。これ、結構変わってきますが「自分自身は変わらない」つもりで行動している時があります。

答えのない問題に対処する、育児の相談に乗る、
複雑怪奇な状況を何とか解説・解決しようと考えを巡らす・・・

これっていつも自分がしていることだなあ、と思うことあります。

また、十分理解していても「ずっと考えている」と「考えている」ことに気付かないときもあります。

少し年齢や職場経験年数が上がってくると、クレーマー対応とか、うまくいかない時の相談など、何かとすぐには解決できないような問題が降ってわいてきます。

「それは、自分とは関係ない仕事なのになあ。でも、しょうがない・・・」

といったところでしょうか?



以前は出来ていたことが出来なくなる

「前は簡単に出来ていたことが最近疲れるなあ。時間かかるし。」

最近ありませんか? 普通、赤ちゃんから成人するまでの間、出来ることは増える一方です!
ですが、いつの間にか、段々と出来なくなることが出てきます。認めたくありませんが・・・。

でも、これを事実として認めないと、いつまで経っても考え事が減らないかもしれません。

どうして出来なくなったんだろう?

もう悪循環にハマりかけてます。


ストレスランキング

「頭が良い」とかいう単語は、もう学生のうちの流行語?とでも思って忘れた方が楽かもしれません。

出来ない時は諦めよう!

あまりnegativeに考えず、思い切って諦めてみるのも、結構スカッと!します。

ちょっと出来ないので、手伝ってください!

なかなか年齢が上がると言いにくいですが、思い切って言ってみると周りの反応が面白いかもしれませんよ!

そして、出来た10分間で、ぜひ「音読」してみてください。

前頭前野:人間だけが特別に発達している領域

前頭前野が、創造・記憶・コミュニケーション・自制力をコントロールしてくれます。
初めは、読むのもキツイかもしれません。

字が小さいし、疲れるし・・・

キツイのですが毎日やっていると、段々、自分のイメージに近づいてきます。

今日は冴えてる!

ときっと、なります。冴えてるというか、それが自分の本来の姿だとおもいます。

もし、お子さんがいれば、一緒に遊ぶのもお互い、いいことばかりです!

私も、新聞や絵本から初めて、色々音読しましたが、ここしばらくは「英語」です。仕事にも使うかもしれないし、いつかは海外旅行に自分の「頭と口」で行けるようになりたいのです!

英語音読でらくらく脳トレ [ 川島隆太 ]

価格:1,620円
(2018/9/17 08:44時点)
感想(1件)

自問自答日記ランキング


自問自答日記ランキング

home

 

コメント