面倒なかけ引き

部署Bは、表面的には理に適った内容を発言していたが、いかにも薄っぺらな内容を堂々と喋ってくる人が多い。「どっちでもいい」と自分は思うのだ。 しかし、部署Bとの仕事をする時も、同僚は必死に論理的に解説して説得を試みている。そして、必死な彼は頑固者のレッテルを貼られている。。。「こんなことに力使うなんてバカらしい。」と思った私は、意見することはせず間を取り持つ役になってみようと思った

 

同僚が困っている時には同僚の意見を支持して部署Bが納得するように働きかけ、その代わりに部署Bがやる仕事を引き受け率先して業務を実行することで出来るだけイザコザを避けるようにした。円滑にムダな力を使わないようにするにはそれが最善の策だと当時は思っていた。もっと言えば、主張を通すほどの内容でもなかった、と思った

思考を巡らすばかりで、本音は口にしなかった。

home

コメント