子供の寝相はなぜ悪い?

子ども

最近はぐっすり眠れるようになり、学生の時のようにいつまでも眠れる感覚を取り戻しつつありますが、たまには夜更かしもするわけです。すると、子供がひっくり返ったり立ち上がったりしながらも多分寝ています。

病気?

では全くなさそうですが、いささか先行きが心配です。

 

やっぱり子供もレム睡眠とノンレム睡眠

レム(REM)睡眠とノンレム(non-REM) 睡眠の違いは、何回見ても分かりにくいです。

レム=Rapid Eye Movement : REM。(出典:日本睡眠学会
・ 眠り始めて覚醒状態に近い時は目が動いている、と何度見ても忘れるので書きました。

寝る話になると必ず出てきて、どっちがどっちか分からなくなるのですがノンレム睡眠の方が深い、そしてさらに4段階に分かれて特に深く眠ると「徐波睡眠」

子供は「徐波睡眠」が特に長いので、大脳が完全に休息状態となり体の位置把握などができなくなる、とのこと。睡眠評価研究機構代表の白川修一郎さんより

「徐波睡眠」が、子供の寝相が悪い原因か。

原因というか、普通のことなのですよね。

ぐっすり脳が眠りすぎて、体が動いてしまうというようなことです。


ストレスランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

寝相は悪い方が良い

そんなことってある?

実際に寝相が良くてあまり動かない子供の方が問題あり、と報告されているとのことなので、多分きっとそうなのでしょう。

大人と子供っていうのは、同じ行動をとっても評価が逆転します。

寝相が悪い大人は、何となく不潔で汚い感じ?
寝相が良い大人は、綺麗で清楚な感じ。

寝相が悪い子供は、健康で頭も良い。
寝族が良い子供は、神経系に問題あり?かも?

元気な大人は、うるさくて騒騒しい人。
静かな大人は、清楚な感じ。

元気な子供は、健康。
静かな子供は、体調が悪い?かも?

子供とはしゃいでいると、多分ちょっと変な目で見ている人もいるのかな?とか気にしつつも、その時は楽しければ良いと思っています。

 

寝ても覚めても子供は元気に動き回っている状態が健康である、ということなので、床に近いところで呼吸をしている子供達から、ホコリを守ることくらいが親に出来ることでしょうか。




後になって、ひとりでブツブツ考えていると、

あんまりぐっすり眠れて寝相が良い大人は病気じゃないのか?

なんてことも気になります。

FC2 ブログランキング

 

大人は過眠症に注意

日中に眠い人や、倒れるように突然眠る人は、「過眠症」の可能性があるらしい。

気分の落ち込んでいる時には、眠れなくなりそうですが、「過眠症」も症状のひとつ。

何だか釈然としないですが、やっぱり大人と子供は睡眠も違えば、寝相も違うし、睡眠時間も違う、というわけです。

ゴチャゴチャにして考えてはダメなので、「自分は自分」、ということで。

あまり考え過ぎず、

寝れれば良いみたいです。

 

home

コメント