葉っぱのエクササイズ

参考記事はこちら

思考を眺める

ACTトレーニングの1つに「葉っぱのエクササイズ」があります。この手法はどのような気分や感情の時にも、1人で実施可能です。自分の頭に浮かんでいる「思考」をもみ消すのではなく、ただ「眺める」ことで、考えている自分を避けずに認めて下さい。

流れに漂う葉っぱ

目を閉じて下さい。
澄んだ川を想像してください。とてもキレイに澄んでいて、木や岩の間を通り抜けて山から下ってきています。
時折、大きな葉っぱが川の水面を流れてきます。
あなたは心地よい晴れた日に、その川の傍で腰をかけ風景を眺めています。

浮かんできた考えを葉っぱに乗せる

今、頭の中に浮かんでいることを、頭の中で出来るだけ具体的に記述してみましょう。
「なんとなくイライラする」「何故か分からないが、わだかまりがある」など、具体的にできない場合は無理に具体化する必要はありません。
そして、その考えを葉っぱに乗せて流してみましょう。

最初のうちは意味が分からないかもしれませんし、上手くいくかどうか分かりません。

なにこれ?

治療のひとつですから。とりあえずやってみましょう。

1日15分を毎日続ける

ACTはトレーニングです。1日15分続けることで、誰でも少しずつ上手くなります。 慣れない時は、疲れてしまうかもしれません。その時に負担が少ないのは「毎日少しずつ」練習することです。
難しければ数分でやめる日があっても大丈夫です。
毎日、続けてみましょう。

目を閉じてやりますからリラックスしているときがちょうど良いです。
毎日寝る時や風呂に浸かっている時もいいでしょう。
職場の昼休みでもいいでしょう。

慣れてきたら、イライラした時など、自分のよくある思考が発生した時に実施して効果を
試してみましょう。

ただ、「すぐには上手くできない」という方もたくさんいると思います。同時にコーピングの技術も獲得して行きましょう。

home

コメント