2018-09

スポンサーリンク
NO IMAGE 子育て

自分の子どもと他人の子ども−3

年齢が若い人ほど、好き嫌いが多いような、少ないような、どっちともつかないことが多いです。 生まれてすぐの赤ちゃんは母乳かミルクしか飲みません。でも、哺乳瓶だと飲まない時もあります。生まれてしばらく母乳が出なかったときは、哺乳瓶のミルクに慣れてしまって、今度はおっぱいには吸い付かない子もいます。
NO IMAGE 科学

音読によって脳が活性化する。

「声に出して」本を読む、音読によって脳の前頭前野の血流が増加すると、東北大学の川島先生が発見されました。 多数の書籍も出されていますし、任天堂DS「脳トレ」でも有名になりました! この理論によると、考え事や、複雑な計算をしている時は脳は活性化していない、というのです。
NO IMAGE 子ども

自分の子どもと他人の子ども-2

自分の子どもと遊びに出かけると、色々な発見があります! 親戚や友達の子どもって、あっと言う間に大きく成長していますよね? しかし、自分の子どもはなかなか大きくならないものです。
NO IMAGE 未分類

自分の子どもと他人の子ども-1

「私、子ども好きじゃない」という場合、大抵は他人の子どもについて話していると思います。 嫌いな理由は「うるさい」「言うこと聞かない」「お世話できない」などでしょうか?
NO IMAGE 未分類

ホメオスタシスー2

自律神経はホルモン同様、自分の意思ではコントロールできない機能です。 例えば、心臓の脈の数、血圧を自分の意思で変えられますか? 腸の動きを自分の意思で活発にすることが出来ますか? 食欲を自分の意思で調節できますか? 基本的にはできません。 ただ本当は、訓練したり環境を整えることである程度は可能です。
NO IMAGE スポーツ

運動が脳機能を改善するー1

短い時間の運動で脳機能が向上します。これは、2009年に筑波大学と独立行政法人:農研機構の共同研究グループが発表しています。 この研究によって10分間の軽いジョギング程度を行った直後に脳の「実行機能」が向上し、さらに画像検査では前頭前野の血流増加を証明しました。
NO IMAGE ストレス

ホメオスタシス-1

人は、恒常性=ホメオスタシスのおかげで、無事に生活できています。 例えば、寒ければ体が温かくなり、体が弱っているときには頑張るような仕組みができています。 今回はホルモンの面から見て見みます。
NO IMAGE 未分類

ストレスの種類

精神的ストレスと身体的ストレス ストレスは大きく2種類に分けることができます。疲労・痛み・不眠などの身体症状と、negativeな思考や気分によって生じる不安・焦り・イライラなどの精神症状の2つです。どちらもある程度は皆が抱えている「スト...
NO IMAGE ストレス

自分の役割

新しい環境ではある程度の不安が生じるのは仕方がありません。むしろ、「慣れ」てしまうと、新しくて変更しにくい問題が発生しているかもしれません。「新鮮」な環境の方が、思考や気分によっては適切なストレス環境にあるとも言えます。
NO IMAGE 未分類

コーピングの準備

目的 普段から、自分のストレス要因、思考のくせ=自動思考、結果として起こるストレス反応をまず把握することから始まります。 「把握する」ことが一番難しいですから、最初が一番大変です。まず最も大切なことは普段の生活リズムを「把握する」ことで...
スポンサーリンク