科学

スポンサーリンク
ストレス

無音の生活

普段、道を歩けば車の音がしますし、車の中では音楽や走行音がしますし、自宅で夜静かに過ごしていても冷蔵庫の音やら救急車の音やら何かしら音がします。 普段は意識していないことですが、本当に無音になると居ても立っても居られない状況になりました。 おかげで良く寝れました。

朝忙しいからこそ朝活

朝は忙しいので、あえて色々予定を入れてみると普段の忙しさをあまり忙しく感じなくなります。 朝活を効果的に始めて、ストレスなくハッピーに生活したいです。その意味では、やっぱり今は水と炭酸水ではあります。

寝れない時は?

最近は寒かったり暑かったりで、季節が分かりにくいです。 ですが、確実に日照時間は短くなっています。秋分の日も過ぎて、よく考えればもう冬ですから、意識しないと朝早く起きても真っ暗、ということだと、スッと起きれなくなってしまうかもしれなので、改めて体内時計を利用してよく寝ましょう。
冷え

ホメオスタシスー3 続き

普段から運動して筋肉をつけましょう、靴下履きましょう、とありきたりではありますが大切なのは分かります。 でも寒い時、猛暑の時に外に出るのはつらいもので、なかなか屋外で運動をコンスタントに継続できません。 まあ、しつこいですがトランポリンは手軽で、子どもと跳ねても楽しいです。
冷え

ホメオスタシス−3

今年異常なほど夜が暑苦しかったのがウソのように、最近エライ寒くて寝付けません。 私、正真正銘の男で暑がりなのですが、数年前から足の冷えを感じるようになりました。 全く気にしていなかったのですが、本当に体調を崩したこともあって2年前から恥ずかしながら冬場は冷え対策をしています。
NO IMAGE 睡眠

睡眠の効果-1

食事、睡眠、運動はある程度は生活していく上で必要です。当たり前に毎日少しはやっているのであまり深くは考えません。ですが、もしも何かうまくいかない局面に出会ってしまった時は少し修正してあげた方が、自分の力を発揮できます。
NO IMAGE 科学

音読によって脳が活性化する。

「声に出して」本を読む、音読によって脳の前頭前野の血流が増加すると、東北大学の川島先生が発見されました。 多数の書籍も出されていますし、任天堂DS「脳トレ」でも有名になりました! この理論によると、考え事や、複雑な計算をしている時は脳は活性化していない、というのです。
NO IMAGE 未分類

ホメオスタシスー2

自律神経はホルモン同様、自分の意思ではコントロールできない機能です。 例えば、心臓の脈の数、血圧を自分の意思で変えられますか? 腸の動きを自分の意思で活発にすることが出来ますか? 食欲を自分の意思で調節できますか? 基本的にはできません。 ただ本当は、訓練したり環境を整えることである程度は可能です。
NO IMAGE スポーツ

運動が脳機能を改善するー1

短い時間の運動で脳機能が向上します。これは、2009年に筑波大学と独立行政法人:農研機構の共同研究グループが発表しています。 この研究によって10分間の軽いジョギング程度を行った直後に脳の「実行機能」が向上し、さらに画像検査では前頭前野の血流増加を証明しました。
NO IMAGE ストレス

ホメオスタシス-1

人は、恒常性=ホメオスタシスのおかげで、無事に生活できています。 例えば、寒ければ体が温かくなり、体が弱っているときには頑張るような仕組みができています。 今回はホルモンの面から見て見みます。
スポンサーリンク