0歳の子育て

子育て

0歳は赤ちゃんなので、子育てというよりは赤ちゃんのお世話、   という気持ちで乗り越えることができれば、それほど大きなストレスにはなりませんが、これはただの私の考え方のクセであり、決して皆さんがそうではないと思いますし、ひょっとしたら私自身もそう言い聞かせていただけかもしれません。

育児は立派にストレスのかかるライフイベントです。

実際、0歳の時からお金や時間を費やしてあげることが重要なのだという考え方が普及しています。

あれもこれも求めてしまうのも、親の性なのでしょうか。

なんて、他人事のようにしていると、ママ達から軽蔑されてしまうかもしれません。

男は男なりにガンバッテいるのですが、なかなか、感性が合わない時もあり、いつの間にかお互い疲労してしまうこともあります。

ということで「0歳の子育て」を振り返ってみました。

費用

0歳の赤ちゃんは意外と費用がかさむものです。

大人用では大抵、何も代用できないので、0歳赤ちゃんのオリジナルセットが必要です。

オムツとミルク

0歳の赤ちゃんなので当然、オムツとミルクがなければ生きていけません。

おむつ換えは男が頑張ればできる数少ない領域ですが、そう簡単でもありません。

オムツ

まずは、こまめにオムツ交換してソフトなお尻をケアしてあげることで、オムツかぶれを予防します。

ゴシゴシやると、ただれてしまうくらいデリケートは皮膚なので優しく優しく。

そう注意を払っていますが、そもそもオムツにサイズがあることを意外と気にしていません。

サイズ間違えてしまうと、しっかりオムツ交換できたつもりでも、脇からおしっこやウンチが飛び出て大変なことになります。

もちろん、衣服や寝具も交換して洗わなければならないので、身体的なストレスも倍増です。

そんなの言わなきゃ分からないじゃん!

禁句です。。。

ごめんなさい

およそ、月に4000-5000円くらいはかかるでしょう。

ミルク

母乳が出ていれば良いですが、母乳が出ていてもママ達は産後間もない状況ですから体調は不安定です。

起きて授乳できないときは、搾乳しておいたり、粉ミルクを作ります。

やるやる、できるできる

と思うのですが、

お湯加減や哺乳後に毎回ビンを専用の洗浄液で消毒しなくてはなりませんから、哺乳瓶や乳首も複数用意しておく必要があります。

え、そうなの!?

禁句です。。。しっかりしなければ。



完全母乳でなければ初期費用に3000円は必要でしょう。

ミルクや消毒液などの消耗品は、哺乳量や母乳の出具合にもよるでしょうがあまり母乳をあげることができない状態を想定すると月に2000円はかかりますよね。

衣服

0歳児なので、とか思っていると面食らってしまいます。

お出かけ用、お宮参り用、普段着、夏用/冬用。

そして、最近の大人は着ていない人も多いですが、必須の肌着。

体温調節が苦手な0歳児なので、親がよくチェックして衣服の調節します。

だから、種類が必要なんですよね。

男はだいたい、もう買い揃えた衣類から選ぶことが多いと思うのですが、よく考えてみると、買い揃える方が大変です。

色々揃えると、費用も1万円くらいは簡単に超えて行くでしょう。

寝具

この辺から、単価が高い物品です。

寝具はベビーベッドからマットレスなど多数の品揃えがあります。

もう、ここまで来ると

正直、分からん・・・

禁句です。。。

我が家はベビーベッドは使用せず、小さな赤ちゃん用の布団を使用していました。

一緒に寝ている方が赤ちゃんの様子が見やすいのでそうしていました。

オムツ交換や授乳の時にも、柵がないのですぐに取りかかれます。

でも時々、自分が寝返って赤ちゃんにぶつかっていないか気にかけていたものです。

この頃は夜にちょこちょこ起きても睡眠の悩みはなかったです。

赤ちゃん効果なんでしょうか?おそらく気分ですね。

費用は、かなりモノによりますが、数十万円とか極端な額でなければ、あまり節約しないで、使いやすくて寝心地の良さそうなものを選びたいです。

生後半年くらいまでは寝返りできない子も少なくないので。



ベビーカー

これも本当にピンきりで、高級な10万円前後のものから、数千円のベビーカーまで幅広いです。

完全に好みと言ってしまえばそれまでですが、額が一桁違うので正直悩みます。

流石に数千円だと風が吹いたら飛んでいきそうな気もするし、軽くて楽な気もします。

結局は、安定したベビーカーを選ぶ方が多いと思いますが、お子さんがたくさんいる方はあまり悩まないでしょうか?

勝手にそう思って、自分も気にせず、と思いましたが、気にしない訳には行きませんでした。

ベビーカーで寝ることも多いので、良いものをとついつい思ってしまうものでした。

【さらにポイント5倍】送料無料 エアバギー ココ ダブル (ブラック&ブラック) AirBuggy COCO Double 二人乗りベビーカー 2人乗り Air Buggy

価格:75,600円
(2018/9/30 14:45時点)
感想(0件)

チャイルドシート

チャイルドシートは新作が続々と出てきてビックリしました。

新生児用とか、いつからできたの?

という感じですが、まあ本当に色々。

今では出回っているかもしれませんが、0歳児の時しか使えないモードがあるチャイルドシート、中古は、ほぼないんですよね、

そもそも新しいし、高級ですし。

 

自分なら、なかなか手放せないです。

これも中古の数千円から、新規の数万円まで、一桁違う商品が揃っています。

ここまでだけでも、良いものを考えていると年間で30-40万円以上の費用をかけることは、計算上そんなに難しくありません。

本当に色々な商品がありますが、少し大きくなったら、むしろ手頃な方が使いやすいです。

【送料無料】【ベビー ジュニアシート】【Nebio】PoPPit ポップピット ジュニアシート【Nebio ネビオ チャイルドシート 赤ちゃん 1歳頃から お出掛け 帰省 ママ】

価格:7,980円
(2018/9/30 14:46時点)
感想(59件)

そして、お宮参り、ひな人形または五月人形、子どもの保険などを組み込んで行き、

保育園にも預ける。

保育料には最近、助成が色々あるようですが、それはまた次回に。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
際限なく使おうと思えば、100万円越えも夢ではありません!

人気ブログランキングへ

疲労

費用にかけてみましたが、ママ達の疲労はかなり

半端ない

です。

ママ達の疲れやイライラを解消できるなら、楽になるなら、費用をかける方がみんなにとって楽かもしれません。

ずっと一緒

自分の子どもと他人の子どもの決定的な違いです。

特に0歳児ですから、より一層、親は離れることができません。

心配だし、少し寝返り始めたり、口をモゴモゴさせ始めたら

落っこちないかな?なんか変なもの口に入れてないかな?

なかなか気が休まりません。

 

特に仕事に出ていると、ある意味、赤ちゃんと「離れている時間」があるので、考えていない時間を環境として作ることができます。

しかし、一生懸命、育児をしてくれているママ達にはありません。

仕事で疲れてんだよ!

禁句です。。。

私は休みないんだよ!

本当に、その通り。

赤ちゃんと過ごす時間がイヤな訳ではないだけに、negativeな考えが湧いてくること自体に、嫌気がさしたりイライラします。

くみ取ってあげたいのですが、根本的な所までくみ取れるものではないので、やり過ごすしかないのでしょう。
少し、出かけるとリフレッシュになります。

 

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

家族と赤ちゃん

じいちゃん、ばあちゃんも他人ではないのですが、育児に関しては「他人」の方に近いでしょう。

よしよし

だけ、という家庭もあるでしょう。

育児に積極的に関わってくれる方が良いか?そうでもない方が良いか?

いずれにしても、ピッタリ育児のコンセプトが合うことはまずないでしょう。

良かれと思ってしてくれていることが、かえってストレスを増幅させます。

離乳食など、食べ物のトラブルは後を絶ちません。

その食べ物は、0歳ではまだ食べてはダメです

食べさせてます。

悪気はないし、別に間違ってないことでも、イザコザのネタになります。

可愛い、大切なのにイライラ!?

これは反すうとも解釈できます。

病気ではないのでしょうが、自分で疲労度をあげてしまう悪循環が起きている状況だったのでしょう。

そう考えると赤ちゃんグッズを揃えることで解決できるなら安い?ものかもしれません。

PreciousなギフトをPreciousな人へ【babybaby(ベイビーベイビー)】

直接的に問題解決できていない場合もありますが反すうをストップする効果を期待できます。

育児も気楽にできればいいですが、そうも行かないので、やはり父親と母親が自分の気分と考えをうまくコントロールできる必要があります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ストレスランキング

home

コメント